現在,警戒LV3で授業を実施中。

塾に入るには

ご不明な点やご質問は・・・
21-1700または,こちら からお問い合わせください。

申し込みの流れ

STEP.1
興味を持つ
まずは,このホームページを見て興味を持ってください。
どんな授業方法なのだろうか?
どんな先生が授業をするのだろうか?
何を学ぶことができるんだろう?
なぜ,勉強しないといけないのだろう?
等々,少しでも「おっ!」と感じていただけるページがあれば嬉しいものです。
STEP.2
分からない点を聞く
このホームページを見ても分からなかった点や疑問に感じたことは聞いてください。
直接電話していただいても構いませんし,このお問い合わせのメールフォームをご利用いただいても結構です。

ただ,「この塾(あるいは授業時間)に誰がいますか?」といった,お友だちのプライバシーに関する質問は答えられませんのでご了承ください。

STEP.3
心と相談する
静かに目を閉じ,自分自身に問いかけてください。
初めての塾通い,不安だ・・・。
⇒最初の一歩を踏み出す勇気を出して!
学校の宿題に,塾の宿題まで増えるのかな・・・。
⇒塾で宿題を出す場合は,あなたに「できる量か」確認します。
勉強についていけるかな・・・。
⇒最善策を一緒に見つけていこう!
勉強の仕方が分からない・・・。
⇒悩むだけでは何も変わりません。相談してください。
Aさんよりいい成績を取りたい!
⇒それだけ強い意志があるなら,すぐに来て!
こうした気持ちなら大丈夫!次のステップへ

親に言われて嫌々来る人,成績を上げたいって思いがない人,あなた自身の力を自分で信じてあげられない人,嘘を平気でつく人
⇒その気持ちを変えるきっかけになれたら嬉しいな。

STEP.4
体験授業に申し込む
電話からでもお問い合わせのメールフォームからでも構いません。
各教科1回ずつ体験授業(無料です)を受けてみてください。
予約なしでも受け入れることは可能ですが,既に来ているお子さんの指導時間を教材の準備のために費やしたくはありません。
なるべく体験授業を受けたいと考えている日の前日までに,「いつ,どの時間に,何の教科の授業に体験したいか」を連絡していただけますよう,お願い申し上げます。
体験授業の際には
〔1〕お子さんの学習意欲や態度を見ています。 他の生徒の学習の邪魔をしたり,学習意欲を削ぐ行為をしたりする場合は入塾をお断りします。
〔2〕当方が通塾していただいても大丈夫と判断した場合,お帰りの際に「入塾申込書」をお渡しします。
〔3〕当塾を気に入り,通塾したいと決定された場合は,「入塾申込書(裏表あります)」に必要事項をご記入いただき,次回の塾の際にお持ちください。
☆各講座,定員は10人ですので,場合によっては「入塾申込書」をお渡しできないケースもあります。
〔4〕体験授業後10日間を経ても,連絡が頂けなかった場合には入会予約を取り消させていただく場合がありますので,ご了承ください。
STEP.5
入塾手続き
〔1〕提出された「入塾申込書」に記載されたメールアドレス,またはLINE宛に,入会金,入塾月の受講料,諸費,たしかめ~る費,テキスト代を含めた金額を案内させていただきます。2ケ月目以降の授業料の引き落とし金融機関(福邦銀行か郵便局)についてもお尋ねします。
〔2〕〔1〕で案内させていただいた金額を,次の授業日までに現金でお納めください。その際に金融機関の「自動振込申込書」をお渡ししますので,ご記入の上ご利用の金融機関にご提出ください。
〔3〕概要書面,学習塾契約書の準備ができましたら連絡しますので,授業時間以外の時間で保護者の方にご足労いただきたいと思います。認め印と200円の収入印紙(または200円)をお持ちください。