現在,警戒LV3で授業を実施中。

諸規定概略

☆入塾にあたって
当塾入会時には所定の申込書を提出後,塾長面接(体験授業の様子を見る程度です)を経て入塾となります。
その際には、下記の費用が必要になります。
①入会金  ※幼稚園児,2人目のお子さん以上は免除。
※小学生は3,000円(税別),中高生は5,000円(税別)。
※当塾生からの紹介の場合,各2,000円減額いたします。
②入塾月の受講料(詳細はこのWEBサイトの指導料金よりご確認下さい)
※月半ばから入塾される際は,回数割して徴収させていただきます。
お渡しするもの
①テキスト代の案内
②自動振替の申込用紙
〔次回の通塾の際にお子さんに持たせてください。〕
  1. 授講料の納入方法は,基本的には「金融機関振替」にて納入いただいております。

(1)利用可能な金融機関

福邦銀行  郵便局

(2)振替日

毎月26日に口座振替をします。

※26日が土・日曜日の場合は翌日,翌々日に振替させて頂きます。

※振替手数料は,当塾で負担いたします。

※次月分の納入となります。

※どうしても口座振替をご利用いただけない場合はご相談くださいませ。

☆受講料・教材費について
・授講料には,冷暖房費,補助教材作成費,たしかめ~る管理費が含まれていますが,消費税は含まれておりません。
また,英検,漢検,文検等の外部試験はその都度,実費が必要となります。
・一度納入された授業料は,入塾約款の規定に従い,取り扱わせていただきます。
・夏期講習・冬期講習費は,毎月の受講料に含まれません。
・教材費(平常授業で使用するテキスト代)は,1教科(年間)1000円~3,000円〔税別〕が目安です。
受講料に含まれているもの
ア)冷暖房費
… 冬期は22℃,夏期は27℃で教室温度を管理します。
1週間の通塾回数×100円としています。
イ)補助教材作成費
… テスト対策プリントや補助練習プリントの作成費です。
1週間の通塾回数×100円としています。
ウ)たしかめ~る管理費
… 入退室システム費300円,みえますネット費200円,
家庭通信連絡費100円,
進路指導費100円(幼稚園児は0円),
塾保険費100円(幼稚園児は0円),
時間外指導費0~800円(幼稚園児は0円,小学生500円,中学生600円,高校生800円)
休塾・退塾について
1. 事情により休塾・退塾する場合は,その月の10日ごろまでに,必ず所定の休・退塾届に理由を書いて提出して下さい。届けの提出がなく,欠席している場合は授業料が請求されます。
2. 手続き後は,休塾中の費用は一切不要です。次学年の更新時までに復塾されない場合は,退塾したものとします。その場合は,休塾開始日を退塾日とさせていただきます。
3. 退塾後の再入塾は,退塾時より大幅に成績が下降している場合,もしくは入試までの期間が3か月に満たない場合は,お断りいたします。復塾の際,入会金はいただきません。
塾の休日について
1.日曜日,祝日,国民の休日 テスト前等の変更有り
2.お盆休暇(8/14,15,16),年末年始休暇(12/31,1/1,2,3)
3.夏期講習・冬期講習中は中3以外の学年は休みとします

のりティー

インフルエンザ等,学級閉鎖になった場合の扱いについて
インフルエンザにかかった子は,治療に専念してください。健康な子はどうすればよいか,ここがとても大切なところです。学級閉鎖になる理由は,「児童同士の接触を遮断して,それ以上の蔓延を防ぐため」です。元気だし,家で勉強するより塾の方がとお考えになる保護者の方もいらっしゃることでしょう。ただ,それがもとでお子さんがインフルエンザに感染してしまう場合もありますし,逆にお子さんが既にインフルエンザに感染していると,他の学校の児童・生徒たちに広めてしまう原因になってしまうこともあるのです。
ですから,学級閉鎖中にはなるべく家で学習に励むようにしてください。

のりティー

ちなみに,インフルエンザウイルスの潜伏期間は,1~2日といわれています。しかも,発症する1日前から感染力をもっているそうです。
つまり,症状をはっきりと感じることのない,発症前から既に感染力をもっているのです。
また,この感染力は,特に発症してから3日間ほどが強いようですが,発症後一週間程度持続するそうです。
ということは,感染拡大を止めることが容易ではないことが想像できるかと思います。
臨時休講について
1.敦賀市,もしくは嶺南東部に次の警報が授業の1時間前の時点で発令中の場合は,臨時休校とさせていただきます。
なお,原則,この場合の振替授業は行いません。(他の警報・注意報の場合は,教室は開けます)
ア)本州上陸時に「非常に強い」以上の勢力を有する台風が原因となる,「暴風警報」が発令されたとき。
イ)「大雨警報」,「大雨洪水警報」が発令され,更に敦賀市内に「避難勧告」または「避難指示」が出されたとき。
ウ)「大雨洪水特別警報」が発令されたとき。
エ)「大雪警報」が発令され,その時点で敦賀市の降雪量が50cmを超えているとき。
オ)原子力事故により「避難指示」が出されたとき
カ)大規模な地震等の自然災害が発生し,敦賀市内に大きな被害が出ているとき
キ)その他 近隣火災等,通塾時もしくは学習時に,通常時とは異なる生命の危険が予想されるとき
2. 指導講師に以下の状況が発生した場合は,臨時休校とさせていただきます。この場合は,振替授業をさせていただきます。
ア)1親等内の親族の緊急入院
イ)3親等内の親族の葬儀