現在,警戒LV3で授業を実施中。

日本漢字能力検定について

2020年の学習指要領改訂で,都道府県名として使われている20字が新たに増え,小学校で覚えなくてはならない漢字は1026字となります。
1年・2年・3年はこれまでと同じで,4年生以降で漢字が増えたり,学習する学年が変わったりします。
2018年度から移行期間に入っており,2019年度の4年生と5年生は,新学習指導要領(2020年度)の学年別漢字配当表に配当されている漢字を学習します。

当塾では,該当学年よりも1つか2つ上の級の取得を薦めています。

昔,こんなことがありました。

のりティー

読解力向上のためにも漢検を受けませんか?

母親A

受けてもダメだと思います。何せうちの子は担任の先生に「小3の漢字レベルだ」って言われてますから。ははははは。

のりティー

それ,冗談にもならないんだけど・・・

その子が中3まで漢字を覚える努力もせず過ごせばどうなるのか?

のりティー

実際に見てみましょう。
次のBOX内には2013年に没後50年となり著作権がフリーとなった方の作品で,私の一番好きなシーンを抜粋して載せてみました。
ただし,小学生4年生以降に習う漢字を*に,中学校3年間で習う漢字を※に,それ以降の漢字を☆に置き換えてあります。
誰が著した何という作品か分かりますか?
では,下のBOXの + をクリックしてみてください。
ポチッとな。
かくて、小※王*※の名は、☆日のような*いとなり、※東※*の地は、その*※にあらまし☆※してしまったが、ここになお※*な歯のように、根ぶかく歯肉たる**を守って、**に※きとれない※*力が*っていた。
太*※、字は子*。
その人だった。
主柱たる☆☆が、どこともなく※げ落ちてしまってからも、※は、*を*えず、※*した*をあつめ、の*にたてこもり、※*として※*しつづけていた。
きのうは九※に※※し、きょうはまつ※に下り、明ければまた、☆県へ*をすすめて行く**は、文字どおり南船北馬の**であった。
「小*だが、北方は※*の※地だし、後ろは山を負っている。しかも*中の*は、わずか※千と聞くが、この*後まで※み止まっている*なら、おそらく死を決している者どもにちがいない」
**は、☆県に*いたが、決して味方の**を※じなかった。
むしろ※めて、
「みだりに近づくな」と、*手の*を遠*きに配して、おもむろに*中の気はいを*っていた。
「*☆」
「はっ」
「君に問うが、君が下知するとしたら、この*をどうしておとすかね」
「**です。※大な※※を※う*※でなければ」
「君も**と思うか」
「ただ、わずかに考えられる※つの*は、死を※しまぬ*※人に、これも決死の※丁十人を※り、*えやすい*※や油*を*わせて、風の夜、*中へ※び入り、*所から火を放つことです」
「※び入れるだろうか」
「大*では見つかりましょう」
「でも、あの高い*※を」
「よじ登るに、*を*てすれば、登れぬことはありません」
「だが――※をやるか」
「※*が**でしょう」
「※*は、※※えたばかりの者だし、*来も使えるいい大*だ。それを死地へやるのは※しい。――また、もっと※しいのは、*ながら太*※という人物である。あれは生☆りにして、味方に*えたいと*んでおるのだが」
「それでは、こうしては※何です。――中に火光が見え出したら、同時に*方から息もつかず※めよせ、北門の※方だけ、わざと手※にしておきます。――太*※はそこから*って出ましょう。――出たら※※名を目がけて追いまくり、その行く先に、※*をかくしておくとすれば」
「名*!」
**は、手を打った。
※*の下に、十名の決死*が※られた。もし**をやりとげて、生きてかえったら、※※百人の伍長にすすめ、莫大な**もあろうというので、たくさんの**者が名のりでた。
その中から十名だけの※丁を*んで、風の夜を待った。
*月黒風の夜はやがて来た。
油*、※柴などを、※丁の*に負わせて、※*も身軽にいでたち、地を這い、草を分けて、*の*※下まで※びよった。
*※は石※ではない。高度な火で土を*いた☆という※*の※を、*さ※※の*、高さ何十※に*みかさねたものである。
――が、何百年もの風雨に☆されているので、かわらと☆とのあいだには草が生え、土がくずれ、小鳥が*をつくり、その※面はかなり※れている。
「おい※同。まず※ひとりが先へ登って行って、※を下ろすから、そこへかがみこんだまま、*の歩☆を見*っておれ。――いいか、声を出すな、動いて*に見つかるな」
※*は、そう※めてから、ただ※人でよじ登って行った。――かわらと☆のあいだに、短※をさしこんで、それを足がかりとしては、※歩※歩、※の梯子を作りながら※み登って行くのであった。
「――火だっ」
「火*だっ」
「※し火だ!」
*※*から、また、矢*下から、書※の※下から、同時にまた、馬※*からも、*門の番人が、いちどに※き出した。
**の太*※は、
「さわぐな。*の計だ。――うろたえずに消せばよい」
と、**台から叱咤して、消火の指*をしていたが、*中はみだれ立った。
――びゅっッ!
――ぴゅるん!
太*※の体を、矢がかすめた。
台に立っていられないほど風も強い※夜である。
*所の火の手は*ぎきれない。※方を消しているまに、また※※所から火があがる。その火はたちまち*えひろがった。
のみならず*の*方から、※風に乗せて、☆の声、*※のひびき、急*な※め☆の音などがいちどに※ってきたので、**は消火どころではなく、※中の豆の※く※いて☆☆しだした。
「北門をひらいて※出しろ」
太*※は**台から馳け下りながら、部*へ命*した。そして真っ先に、
「*外へ出て、※*に、**と※※を決しよう! *は*を*むため、*方へ全*をわけて、幸いにも北方は手※だぞ」と、※風をついて、*の外へ馳けだした。
火にはおわれ、太*※には※まされたので、当*※中の豆も溢れだした。
ところが、手※と見えた*北の*は、なんぞ知らん、*外に大*だった。
「それっ、太*※が出たぞ」と合図しあうと、八方の※から*☆が注がれてきた。
太*※の*は、*の*を見ないうちに、おびただしい**をうけた。
それにも☆まず、
「かかれかかれ! *の中※を※*せよ!」
と、太*※はひとり**したが、※につづく**は何人もなかった。
その少い**さえ☆れたか、※げ*ったか、あたりを見☆せば、いつの間にか、※は※ひとりとなっていた。
「――やんぬる☆、もうこれまでだ」
☆の*をふり向いて、※は※を☆んだ。この上は、**の黄県東☆へひそんで、*び時*を待とう。
そう心に決めたか。
なおやまない※風と*☆の※を馳けて、※岸のほうへ急いだ。
すると後ろから、
「太*※をにがすな!」
「太*※、待てっ」
と、※が☆える。――声ある※風が追ってくる。十里、※十里、※っても※っても追ってくる。
この地方には※、湖水、小さな水☆りなどが**に※い。長※のながれが☆湖に入り、☆湖の水がまた、☆野の*数の☆にわかれているのだった。
その湖※や野にはまた、☆々たる☆や☆が※面に生い※っていた。――ために、※は※たびか道を見*った。
「――しまッた!」
ついに、※の※は、※の※土へ※を※っこんで、※の体は、☆のなかへほうり出されていた。
すると、四方の☆のあいだから、たちまち*手が※びた。
分*だの☆のついた※だのが、※の体へからみついた。
「**っ」
太*※は、生☆られた。
高手小手に※められて、**の本※へとひかれてゆく※中も、※は何度も雲の※い空を※いで、
「**だっ」と、☆に悲※をたたえた。
やがて※は、**の本※へ引かれて来た。
「万事休す」と**した※は、**と首の*について、☆目していた。
すると※か、「やあ、しばらく」と、帳をあげて*れた者が、友人でも※えるように、馴々しくいった。
太*※が、半*をみひらいて、その人を見れば*人ならぬ*の*※**であった。
太*※は毅*として、
「*※か、はやわが首を☆ね落し*え」と、いった。
**は、つかつかと*って、
「死は*く、生は*し、君はなんでそんなに死を急ぐのか」
「死を急ぐのではないが、かくなる上は、※*も※をうけていたくない」
「君に※はないだろう」
「**の*となっては、もうよけいな口はききたくない。足下もいらざる*問をせず、その※を※いて※☆に※の血けむりを見*え」
「いやいや。予は、君の**はよく知っておるが、君の※血をながめて**しようとは思わぬ。君は自分を**の*と※下しておらるるが、その**は君が*いたものではない。☆☆が暗※なるためであった」
「…………」
「※しむらく、君は、*※な**をもちながら、*き主にめぐり会わなかったのだ。☆の中にいては、*も※を作れず糸も※けまい」
「…………」
太*※が*言のままうつ向いていると、**は、※を*って、※の※めを*いてまた云った。
「どうだ。君はその命を、もっと意*ある*と、自*の人生のために捧げないか。――云いかえれば、わが*下となって、仕える気はないか」
太*※は、*く、
「*った。*※しました。*わくはこの※*を、*下において、なんらかの用※に役立ててください」
「君は、真に*男子だ。※に体面ぶらず、その*いところも気に入った」
手を取って、※は、太*※を自分の帷*へ※え入れ、
「ところで君、先※の神※の*場では、お※いに、よく*ったが、あの*、もっと※※打ちをつづけていたら、君はこの**に勝ったと思うかね」と、*いばなしにいった。
太*※も、打*って、
「さあ、どんなものでしょうか。勝*のほどはわかりませんな」
「だが、これだけは*実だったろう。――予が負けたら、予は君の*目をうけていた」
「勿*でしょう」
「そうしたら、君は予の*目を*いて、予がなした※く、予を助けたであろうか」
「いや、その場合は、※らくあなたの首はなかったでしょうな。――なぜならば、*にはその気もちがあっても、☆☆が助けておくはずがありませんから」
「ははは、もっともだ」
**は、☆*した。
酒※をもうけて、※人はなお※*そうに談じていた。**は、※に向って、
「これから*いの※引きについてもいろいろ君の意見を訊くから、*計があったら、教えてもらいたい」といったが、太*※は、
「**の*は*を語らずです」と、※※した。
**は、追※して、
「それはちがう。昔の※*を見たまえ。※*も、**広*君に※計をたずねておる」
「では、大した*でもありませんが、あなたの帷*の※員となった*に※見を※つのべてみます。……がしかし*の言は、※らく**のお心にはあわないでしょう」
太*※は、**の面を見ながら、※*をふくんだ。
**も、※*した。
「ははあ、では君は、せっかく進言しても、この**に用いる度*があるまいといわるるのか」
「そうです」
太*※は、うなずいて、
「――それをおそれます。しかし※*、申しのべてみましょう」
「うむ。聞こう」
「ほかでもありませんが、☆☆に*き*っていた**は、その後、主とたのむ※を見*って、四*流*しております」
「あ。***のことか」
「ひと口に、***といえば、すでに弱力化した**の*れとして、これを**してしまう※きがありますが、時*あらずで、その中には、※しむべき大*や**らも入りまじっています」
「うむ。それをどうせよと、君は進言するか」
「今、この太*※を、*日間ほど、自由に放して下されば、*が行って、それらの**を*き※せ、※を*て、*を*び、*ず*来、あなたの楯となるような***千をあつめて帰ります。――そしてあなたに**を※わせてご*にいれますが」
「よし。行ってくれ*え」
**は、度*を見せて、すぐ*したが、
「――だが、きょうから*日目の午の*(正午)までには、*ず帰って来なければいかんよ」
と、*を※して、※頭の駿馬を※え、夜のうちに、※を※中から放してやった。
*朝。
帷*の**は、太*※のすがたが見えないので、※しんで**にたずねると、ゆうべ※の進言にまかせて、*日の間、放してやったとのことに、
「えっ。太*※を?」と、**はみな、せっかく生※った檻の※を野へ放したように唖*とした。
「おそらく、太*※の進言は、※りでしょう。もう帰って来ないでしょう」
そういう人々を*いながら、**は、首を※った。
「なに、帰って来るさ。※は**の*だ。そう見たからこそ、予は※の生命を※しんだので、もし**もなく、帰って来ないような人間だったら、*び見ないでも※しいことはない」
「さあ、どうでしょう」
**はなお*じなかった。
*日目になると、**は、※外へ日時計をすえさせて、※人の*に日※を見守らせていた。
「辰の*です」
番*は、※*ごとに、**へ*げにきた。しばらくするとまた、
「巳の*となりました」
と、*らせてくる。
日時計は、秦の始*※が、※中で用いたのが始めだという。「宋*」には何*天が「表*日※」をつかさどるとある。明代にはというのがある。日時計の進歩したものである。
後漢時代のそれは、もちろん原始*なもので、*直の*を*上に立て、その投※と、※※の長さをもって、時*を計算したものだった。
*地のかわりに、※を用いたり、また、※へ*る日※を記*したりする方*などもあった。
「午の*です!」
※*のうちへ、*の番の*が大声で*げると、**は、**を*んで、
「南のほうを見ろ」と、指さした。
*たせるかな、太*※は、*千の味方を※って、時も※えず、※方の野*から、※※の草ぼこりを空にあげて帰って来た。
**の☆*と、太*※の**に感じて、先に*っていた**も、思わず※手を打ちふり、※*して※を※えた。

のりティー

さて,最後まで目を通された方はいったい何人いたでしょうか?
多分数行読んで,物好きなと読むのを止めたのではありませんか?
小3レベルの漢字力の子が中3レベルで書かれた文を見るとそうなるということなのです。
ほとんどの教科で教科書にはその学年に対応した漢字が使われています。
漢字を苦手にしているなら,猶更,早くその対策として漢検に取り組むべきだと思いませんか?

当塾は,日本漢字能力検定が受検できる準会場としての登録してあります。

塾生だけでなく,誰でも申し込み可能ですので,興味がある方はお問合せください。

2019年度当塾での実施予定は以下の通りです。

検定予定日 塾内申込締切 受験可能級
2019年6月29日(土) 5月25日(土) 漢検 2~10級
2019年10月26日(土) 9月21日(土) 漢検 2~10級 文検 準2級~4級
2020年2月8日(土) 12月28日(土) 漢検 2~10級
2020年2月15日(土) 1月11日(土) 文検 準2級~4級

階級の目安と検定料 〔日本漢字能力検定〕

階級 検定時間 目安となる学年 検定料金 当塾推奨
1級 60分〔公〕 大学・一般程度 (約6000字) 5000 国語の先生や考古学を学びたいなら, 高校生の間に取得を目指そう
準1級 60分〔公〕 大学・一般程度 (約3000字) 4500
2級 60分 高卒・大学・一般程度 (2136字) 3500 高校3年生時の第1回までに 取得を目指そう(一般生のスキルアップに)
準2級 60分 高校在学程度 (1940字) 2500 嶺北の高校入学を希望するなら, 中学生の間に取得を目指そう
3級 60分 中学校卒業程度 (1607字) 2500 高校入試までに取得を目指そう
4級 60分 中学校在学程度 (1322字) 2500 高志中入試受験希望なら 小学生の間に取得を目指そう
5級 60分 小学校6年修了程度 (1006字) 2000 私立中入試受験希望なら 小学生の間に取得を目指そう
6級 60分 小学校5年修了程度 (825字) 2000 小学4年での取得を目指そう。
7級 60分 小学校4年修了程度 (640字) 2000 小学3年での取得を目指そう。
8級 40分 小学校3年修了程度 (440字) 1500 小学2年での取得を目指そう。
9級 40分 小学校2年修了程度 (240字) 1500 小学1年での取得を目指そう。
10級 40分 小学校1年修了程度 (80字) 1500

〔公〕・・・公開会場のみ 〔文章読解・作成能力検定〕

詳しくは, 日本漢字能力検定協会 のWEBサイトをご覧ください。

漢検WEBサイトへのバナーです。

文検リンクバナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です